採用情報

採用担当ブログ

採用情報 > 採用担当ブログ > 【業界研究①】証券会社について知ろう!

【業界研究①】証券会社について知ろう!

■証券会社とは?



国や企業が資金を必要としている時、銀行などから融資してもらう方法があります。
そしてそのほかにも、株式や債券を発行する方法があります。
証券会社は、発行した株式や債券を購入してくれる投資家と、資金を必要としている国や企業を結び付ける役割を担っています。
 

■店舗のある証券会社・店舗のない証券会社



証券会社は、基本的に下記の2つに分けられます。

①    店舗を構え、お客様と向き合い丁寧な提案をしながら取引を行う「対面証券」
②    インターネットを利用して取引する「ネット証券」

「対面証券」のメリットとして、担当者が付き商品の提案のほか、情報提供、アドバイスを受けることができます。
「ネット証券」は自身で情報収集・勉強をしながら売買判断をしなければならない手間はありますが、「対面証券」と比較して手数料が安いという特徴もあります。
 

■証券会社の仕事内容



様々な金融商品を取り扱っている証券会社の仕事内容は、大きく分けて4つあります。

①ブローカー業務
一般投資家から株式や債券の売買注文を受け、マーケットでの売買の仲介・取次ぎを行う業務です。取次ぎの際、投資家から委託手数料を受け取ります。

②ディーラー業務
一般投資家と同様、自社の資金で株式や債券を売買し、利益を追い求める仕事です。

③アンダーライター業務
新しく発行された株式や債券を、投資家に売り出すことを目的に買い取り、売れ残った場合は責任をもって証券会社が引き取る業務です。

④セリング業務
会社が株式や社債を発行する際、会社やほかの証券会社の委託を受けて販売する業務です。アンダーライター業務とは異なり、売れ残った際のリスクがありません。

今回挙げた以外にも、個人の資産形成のアドバイスや企業合併のアドバイスを行うなど、証券会社の仕事は様々。
仕事をイメージした上で証券会社を見てみてはいかがでしょうか。

より詳しく証券会社の仕事について知りたい方は、ぜひKOYO証券の会社説明会にご参加ください。証券業界について、多くの方に興味をお持ちいただき、知見を深めていただけたら幸いです。

また、当社では仕事内容のほかにも社員インタビューを公開しています。
ぜひご覧ください。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加