採用情報

採用担当ブログ

採用情報 > 採用担当ブログ > 【業界研究⑥】債券について知ろう!

【業界研究⑥】債券について知ろう!

■債券とは?



債券は、国をはじめ地方公共団体、企業、金融機関など(発行体)が発行する、借用証書の一種です。発行体が一般の投資家から資金を調達するために発行しています。

債券と株式は資金調達をするという点においては同じですが、大きな違いとして、債券は償還になれば元本が戻り、償還までの利息も受け取れます。
そのため株式と比較して安全性が高く、ローリスク・ローリターンな投資商品と言われています。
 

■債券の魅力



債券には大きく3つの魅力が挙げられます。

①安定した収益性
債券には2つの収益源があり、利息による収益(利付債の場合)、償還・途中売却による収益があります。債券は主に利息が受け取れる利付債と、利息がない代わりに額面金額より安く購入でき、額面金額で償還される割引債(ゼロクーポン債)があります。利付債の場合、事前に約束された利率の利息を受け取ることが可能です。そのため、他の投資商品に比べて安定した収益が期待できます。

②償還を迎える前に売却が可能
債券は有価証券として売買ができます。つまり、償還日の前に売却し、現金化することが可能です。信用度や知名度のある債券ほど、活発に売買が行われます。

③安全性の高さ
債券は価格変動があった場合でも、償還まで保有していれば額面金額が戻ってきますが、発行体の倒産などで元本や利息の支払いができなくなる可能性もあります。そのため、専門機関が発行体の信用度を測り、格付けしています。債券を購入する際に、債券の格付けを知ることで信用度を測ることができます。

債券はバリエーションに富んでいます。利息以外にも、発行体や期間、通貨などにもたくさんの種類があり、目的に合わせて購入できます。
 

■外国債券の魅力



KOYO証券では発行市場が海外の外国債券を取り扱っています。
外国債券の魅力も3つに分けて紹介していきます。

①海外との金利差を受け取れる
日本は長い間低金利が続いており、銀行でも利息はほとんどつきません。しかし、ブラジルやトルコなど、金利の高い国の外国債券を購入することで、高金利での運用が可能になります。

②為替差益を狙える
為替差益とは、為替レートの変動により生じた利益を指します。
外国債券は購入した時よりも為替相場が円安になれば、利息や償還金、売却益の受け取り金額が増加します。

③国際分散投資になり、リスクを軽減できる
外国債券は、日本の通貨や株式とは異なる動きをします。いくつかの地域や通貨、発行体に投資することで、日本が抱えるリスク、円だけで資産を持つリスクといった運用リスクを軽減できます。

もちろん外国債券への投資はリスクも伴います。為替の変動のほか、発行体が所属している地域の情勢、発行体の財政状況の変化など、様々な要因で損失をこうむる場合があります。
外国債券の中でも、トルコやブラジル、インドなどの新興国への投資は高金利な分、ハイリスク・ハイリターンの投資となります。一方、オーストラリアやアメリカなどの先進国への投資は、金利が低い分ローリスク・ローリターンの投資となります。
リスクとリターンをしっかりと考えた上で、債券を選ぶことが重要です。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加